還暦を迎えて感じる老化現象・・・やっぱり年には勝てないのか!?

足腰、老眼、物忘れ・・・老化現象をいかにして克服するべきか!

27 5月

還暦を過ぎて考える極楽浄土の世界・・・

Posted in 未分類 on 27.05.16 by Merlyn

還暦を過ぎて考えると極楽浄土と耳にしますが、何のことなのでしょうか。極楽とはあらゆる苦しみから解放されて、極めて楽なところと言う意味となっています。極楽浄土の世界って聞いてビックリする人も多いかもしれませんが、簡単に考えるとお墓を立てた方が良いと言うことのように思えます。

実際に還暦になるとその後の生活よりも、子供のことを考えていく必要があり、お墓などをきちんと準備していない状態だと、自分に何かあったと言う時に子供達が迷ってしまうと言う結果に繋がってしまいます。

私の住んでいる地域では、還暦を迎ええると実際に墓を建てる人も多いです。まだ、誰も入っていないお墓もあります。実際に、自分がさまよわない為にもお墓をきちんと立てていることは重要になると思います。

都会などでは、霊園などに預けると言う人もいますが、そんな方も準備は必要になってきます。入会金なども必要になってくるので、自分が入りたい霊園などを探しておくことが必要で、お墓にお参りなどに行くことも仏を念じるためには重要になってきます。

先祖のお墓を綺麗にすることにより、自分も先祖が守ってくれると昔の人は良く言います。実際に、お墓を洗浄したりすることも重要な事です。実際に、死を覚悟して場合でもきちんと自分が出来る事を始めることが重要になってくるのです。

実際に他の場所ではなく、先祖が眠っている場所こそが自分が眠る場所でもあると思います。極楽と目にするとすごく良い事と言うような感じがありますが、私は思っているような感じではなく、仏としての活動なので先祖にお参りをすることが重要になってくると思います。

阿弥陀仏と先祖にお祈りすることにより、自分を守ることができて自分の進むべき道を進んでいけるような気がします。実際に、昔の人は還暦を迎える前になくなる人が多かったのですが、それを超える年齢でも健康に過ごしていけるのはうれしい事でもあり、すべてのことが混じった内容なので極楽と意味しているのではないでしょうか。

 

 

 

No Comments »