還暦を迎えて感じる老化現象・・・やっぱり年には勝てないのか!?

足腰、老眼、物忘れ・・・老化現象をいかにして克服するべきか!

08 3月

朝の目覚めが悪いのは年のせいもあるようですね。

Posted in 未分類 on 08.03.14 by Merlyn

考えたら若いときは、何であんなにも体が元気だったのでしょうか?

2、3日寝なくても、体に全く問題がなかったのです。

体がどんどん元気がなくなってきたから、自分でもいやだなと思うのです。

朝になったらもう少し寝ていたい!

という気持ちになってしまいます。

布団から出たくないのです。

布団に長い時間入って、ぬくぬくしていたいです。

会社に行かなくてはならないから、毎日起きるのもしんどいことです。

睡眠が恋しいな。

休日になったら、朝から晩までずっと寝ていたいです。

昔は、休日になったら友人と一緒にどこかに出かけましたが、今はそんな気持ちにはならないね。

ただ寝ていたくなります。

毎日睡眠不足になっているのが原因と思うのです。

十分に寝ていないから、体がつらいよね!

君は、どんな睡眠時間を取っていますか?

睡眠には満足をしていますか?

質のいい睡眠をとったら、体が楽になれます。

反対に、質の高い睡眠を取れなかったら、体がさらに辛く感じてしまうこともあるのです。

若いときには、何も問題なくできていたことでも、だんだんやるのに苦労をするようになるのは何ででしょう。

私ももう少し体が元気になったらいいなと思うのですが、なかなか思うようには体が動かないから困るよ。

友人でも、体が楽になったらいいのにね!

という子は多くいますから、体のことにはみんな苦労をしているのかもしれません。

あなたも体が楽になったらいいのにね!

と思うこともあるのではないでしょうか?

体が楽になったら、仕事でも勉強でもさらに効率よくこなせるようになると考えてしまいます。

体が元気であることが、充実した人生を生きていく際には、1番大事なものの1つといえます。

No Comments »