還暦を迎えて感じる老化現象・・・やっぱり年には勝てないのか!?

足腰、老眼、物忘れ・・・老化現象をいかにして克服するべきか!

08 3月

最近感じる足腰の衰え、原因は軟骨の減少らしいのですが・・・

Posted in 未分類 on 08.03.14 by Merlyn

体が年々元気がなくなっていくのが自分でもわかるので、少しでも体を楽にしたいですね。

どうしたら、もう少し体が楽になってくれるのでしょうか?

特にいやだなと思うのは、足とか腰とかが痛くなってしまうことです。

足や腰が痛くなりますから、日常生活の中でも不自由に思うことが多くなっています。

私の友人でも還暦になったら、足とか腰が痛いので外出する気にはならない!

とか言います。

時間があっても、お出かけできないのです。

何で還暦になったら、足とか腰が痛くなってしまうのでしょうか?

還暦になったら、軟骨が少なくなるので、足や腰が痛くなるそうです。
軟骨が減少してしまうので、足や腰を動かしたときに骨と骨がぶつかってしまう。

これが痛みが発生してしまう原因なのです。
そして、その原因を解消すべく作られたサプリメントが皇潤。

関節痛のサプリメントはいろいろありますが、皇潤の効果がすごいと巷では評判です。

体のことはよく分からないけれども、軟骨は健康に歩く際には必要になってきます。

いくら高齢化社会になっても、自分の足で歩くことができなかったら困ります。

少しは足腰の調子がよくなるように、気にかけなくてはならないなと感じてしまいました。

あなたは足腰の調子も気にかけていますか?

たぶん、20代とかだったら足や腰のことなんかは全く気にかけていないと思うのです。

やがては、自分が年を取って体が元気ではなくなることも忘れない方がいいかもしれません。

誰でも年は取るから。

軟骨が少なくなるのは加齢現象の1つですから、嫌だなと思っても避けられないことなのです。

高齢化社会になっていますが、元気で長生きをするのは簡単なことではありません。

努力をしないと、体中の様々な部分がつらくなってしまうので困りますよね。

私も今から何でも体のことは気を付けて、体がしんどくならないようにしてみたくなっています。

70代になって、どこにもいかれなかったら、長生きの意味もないしつまらないですよね。

No Comments »